住宅ローンの滞納

一軒家

住宅ローンを滞納したらどうなるのでしょう

家を購入して住宅ローンを組んだけど、その住宅ローンを滞納して返済できなくなった、そのような場合にはどうしたらいいのでしょうか。この時には、やはり住宅ローンを組んだ金融機関に相談するのが一番です。しかしそれでも滞納が続く時は、競売にかけられることになります。しかしこの競売は、一般的な不動産よりも安い価格で買い取られ、しかも手元にお金が残らず、事前に立ち入り調査も行われます。 しかしそのような売却方法には抵抗を覚える、そういう人もいるでしょう。そのような場合には任意売却がお勧めです。任意売却だと調査もありませんし、通常の不動産とあまり変わらない値で売却することができます。また、債務者の意見もある程度は通り、手元に転居の資金を残しておくことも可能です。

依頼する時にはこういった点に注意を

住宅ローンは滞納すると、短期間で競売の入札が始まりますので、滞納してあまり日が経たないうちに、早めに任意売却を決めるといいでしょう。売却には2通りの方法があります。まず、弁護士や司法書士に依頼するという方法があります。この場合は、着手金と報酬が最低で10万、最高で30万ほどかかります。しかし、住宅ローンを滞納するということは、あまりお金がないということでもあります。その時は、専門の業者に依頼するといいでしょう。 専門の業者の場合は報酬は必要ありません。売却代金から支払われるからです。金融機関からの紹介が多いのですが、自分でネット検索などで探すことも出来ます。ただし、手元に残せる資金をあまり高額に見積もる業者は、結果的に不利になることが多いので注意してください。