住宅ローンの相談

模型

返済負担を軽減する方法はいろいろあります

住宅ローンの返済を滞納してしまいそうになった場合には、借入をしている銀行に相談するべきです。事情を説明することによって、リスケと呼ばれる返済猶予を受けられるケースが少なくありません。滞納をしてしまってから相談するのではなく、その前に相談することが重要です。滞納してしまっては銀行としては債権回収を優先するべきステージになってしまうからです。金融円滑化法は時限立法ではありましたが、返済に困窮している債務者の事情を考慮することが金融機関に求められていることには変わりはありません。住宅ローンを滞納する前に返済金額を減らすことなどを相談することが重要であって、金融機関はその相談に応じる義務があるのです。

住宅ローンの返済不能で自宅を失うようなことは回避したいです

住宅ローンの返済が不能になってしまうと担保に提供している自宅を処分されてしまいますので、自宅を失ってしまうことになります。そのような事態だけは避けなければなりません。リスケは返済期間を長期化する手法が一般的ですが、毎月の住宅ローンの返済額を減らすことによって、確実に返済できるようにするのです。返済が困難になっている状況下で金利を引き下げることは難しいので、返済期間を長期化することが多いのです。住宅ローンの返済は最優先しなければならず、人生で最も高い買い物である自宅を手放すようなことだけは避けたいものです。幸いにも金融機関が相談に親身に応じてくれる環境にありますので、誠意を持って本音で相談することが重要です。